医院名:自由が丘消化器・内視鏡クリニック 
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2丁目9−6 Luz自由が丘5階 
電話番号:03-6421-2852

切れ痔

切れ痔(裂肛)

切れ痔(裂肛)便秘で硬い便・太い便が出た場合や、下痢などを頻回に排便した場合に、肛門上皮が切れたり裂けたりすることで痛みや出血を起こす痔をいいます。肛門上皮は皮膚であるため知覚神経があり、裂肛の程度に応じて様々な程度の痛みを感じます。出血は、多くは排便後にトイレットペーパーで拭いた時に少し血液が付着する程度ですが、ひどくなると便器が真っ赤になることもあります。排便時の痛みが強くなると、無意識に排便を避けるようになるため便秘になり、硬い便によりまた切れて傷が深くなるという悪循環を起こしやすく、さらに、何度も同じ部分が切れてしまうと、筋肉に炎症が及び、肛門が不可逆的に狭くなってますます切れやすくなります。加えて、裂肛の直腸側には「肛門ポリープ」、皮膚側には「見張りイボ」と呼ばれる外痔ができやすく、これらも裂肛の増悪に関与しています。この状態になると、座薬や内服だけでは治療が難しくなることがあり、場合によっては手術が必要となります。早めに治療を受ければ比較的短期間で、保存的治療のみで楽に治せますので、「切れ痔かもしれない」と思ったら、時間をおかずに診察を受けることをおすすめします。

切れ痔の原因

主な原因は、硬い・太い便の通過や、勢いの強い下痢です。切れ痔が慢性化すると肛門が狭くなり、ますます切れやすくなるので注意が必要です。
慢性的な便秘の女性に多いとされており、ダイエットで便の量自体が減る、腸の働きが鈍くなる、水分不足などにより慢性的な便秘になると切れ痔になる危険性が高くなります。

切れ痔の特徴

初期 軟膏などによる治療や便秘になりにくい生活習慣改善で比較的短期間で治ります。
中期 同じ部分が何度も切れて傷が深くなってきています。痛みが改善しても再発しやすく、小さなイボや肛門ポリープができることがあります。
慢性期 傷が慢性化し、傷や炎症が肛門周囲の筋肉にまで及び、括約筋が硬くなり、肛門が狭窄していくため、ますます便が出にくくなって、また切れるという悪循環を繰り返すようになります。いぼ(見張り疣)や肛門ポリープも大きくなり、軟膏などによる保存的療法が効果的でなくなるため、状況に応じて手術の検討が必要になります。
特に見張り疣や肛門ポリープができ、大きくなってくると、排便の都度、それらが裂肛部分を牽引し(肛門ポリープは、大きくなると脱肛することもあります)、傷を治しにくくしたり、傷を深めたりします。
肛門狭窄期 肛門の皮膚が弱くなるため、少しいきんだだけでも切れやすくなり、狭窄が進んで肛門がますます狭くなって重症化した状態です。狭窄が強くなって便を出せない状態になることもあります。肛門狭窄を解消する手術などが必要になります。

切れ痔の治療

慢性化していない切れ痔は、薬物療法と生活習慣改善の効果が高いため、早めにご相談ください。切れ痔で来院されたほとんどの患者さまは保存的療法で症状改善しています。保存的治療で改善が得られなかったり、狭窄が強かったり、見張り疣や肛門ポリープなどが揃っていたりする場合には、外科切除をおすすめする場合があります。

切れ痔の再発予防

切れ痔の再発予防

  • トイレで強くいきまないようにする
  • 長時間座ったまま・立ったままの姿勢をとらず、時々軽い運動や体操をする
  • 便秘を改善する
  • お腹や腰周りを冷やさない
  • 飲酒を控え、刺激の強い食品を摂りすぎないようにする
内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約