医院名:自由が丘消化器・内視鏡クリニック 
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2丁目9−6 Luz自由が丘5階 
電話番号:03-6421-2852

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

通勤途中の電車の中や、試験などの大切なイベント直前などに、急にお腹が痛くなったりする経験は、誰しもあるかもしれませんが、繰り返しおこる場合には、過敏性腸症候群の可能性があります。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、大腸内視鏡(大腸カメラ)などの検査で、腫瘍や炎症といった、目に見える疾患があるわけではないのに、腹痛や排便異常(下痢・便秘・あるいはその繰り返し)が数か月以上にわたって続く状態をいいます。この疾患は、腸炎とは異なり、体重が減ったり、血便がでたり、夜間に下痢がおきたりすることはなく、生命に関わることもありませんが、人によっては日常生活に多分に支障が生じ、生活の質の低下のみならず、経済的な生産性の低下をきたす場合があります。
ひどくなると、朝の通勤電車を途中下車し、勤務先まで各駅のトイレに駆け込むという方もおられます。そして、自分がむかう先の経路の途中にあるトイレを予めチェックしないと不安だという方もおられ、全国のトイレを貸してくれそうな施設を検索するためのアプリや、今いる場所から最寄りのトイレを探し出すアプリを利用している方もいます。

大腸内視鏡検査について

診断基準

社会生活が排便状況によって制限されたり、トイレの場所ばかりに気を遣ったりする患者さんの場合、状態に応じて、治療で介入していく必要があります。 現在の世界的な診断基準は、Rome Ⅳ基準が用いられており、「最近3か月の間において、平均1週間に1回以上続く再発性の腹痛で、1排便に関係する、2排便頻度の変化と関連する、3便の形状(外観)の変化と関連する、のうち2つ以上認めるもの」と定義されています。 さらに、症状によって便秘型、下痢型、混合型、分類不能型などに亜分類されます。 10%くらいの方がこの疾患であるとされており、女性の方が多く、年齢とともに減少する傾向があります。

原因

この疾患の根本的な原因はまだよくわかっていませんが、心身に対するストレスなどが誘因となり、脳から腸にむかう信号(神経やホルモンを介した信号)と、腸から脳にむかう信号の両方が強くなっていることが確認されており、腸の知覚過敏のような状態が起きていることがわかっています。治療は、便秘型、下痢型などの症状に合わせて、薬を選択していく必要があります。

最後に

初診で過敏性腸症候群だという印象を持っていたとしても、大腸内視鏡(大腸カメラ)検査をしてみると、結果的に潰瘍性大腸炎や感染性腸炎などの他、甲状腺ホルモンの異常や糖尿病による胃腸の運動異常、大腸がんによる便狭小などと診断されるケースがありますので、本疾患の診断には大腸内視鏡(大腸カメラ)検査や採血検査を受けるなどして、他の病気をきちんと除外しておくことが必要です。お腹の不調が長く続く場合には、自分で判断したり一人で悩んだりせずに、専門医とご相談されることをおすすめします。

 

内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約