医院名:自由が丘消化器・内視鏡クリニック 
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2丁目9−6 Luz自由が丘5階 
電話番号:03-6421-2852

胃がん・十二指腸がん

胃がん

胃がんは、胃の壁の一番内側の粘膜から発生するがんです。男性に多く、50歳ごろから増加し、80歳代がピークとなります。がん統計において、男性では死亡率2位、女性では4位であり、総合で3位となっています。胃がんは、大きくなるにつれて、徐々に胃の壁の外側に深く浸潤していきます。がんがより深く浸潤するにつれ、リンパ節や他臓器に転移するリスクが高まり、胃の外側にある大腸や膵臓、腹膜にも直接広がっていくことがあります(直接浸潤・播種)。

胃がんの種類

胃がんのほとんどは「腺がん」と呼ばれるがんであり、腺がんは、細胞と組織の構造的特徴から、分化型と未分化型に大別されます。一般的に、分化型は進行が緩やかで、未分化型は進行が速い傾向があるとされています。 また、進行がんのなかに、胃の表面の粘膜面自体に顕著な変化を示さずに、壁の中を硬く厚くさせながら広がっていく「スキルス胃がん」というものがあります。スキルス胃がんは、その前段階を内視鏡検査で見つけることが難しいことから、症状があらわれて見つかったときには進行していることが多く、かつ治癒が難しいがんとなっています。なお、スキルス胃がんは、未分化型がん由来のものが多いのですが、かといって未分化型がすべてスキルスとなるわけではありません。 当院の院長は、スキルスの前段階として大部分をしめる、未分化型早期胃がんの研究をしてきており、その発見を非常に得意としております。

胃がんの症状

早期では自覚症状がほとんどなく、かなり進行しても症状がない場合がありますが、みぞおちの痛みや不快感、違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などを自覚する場合があります。また、早期胃がんであっても、がん部に潰瘍を伴うことがあり、その際に生じる痛みや出血などが発見の端緒となる場合があります。しかし、これらは胃がんだけにみられる特徴的な症状というわけではないため、多くの方は検診で偶然に発見されたり、胃炎や胃潰瘍などによる強い症状で胃内視鏡(胃カメラ)検査を行ったときに、他の部位にたまたま胃がんが発見されたりします。前記した症状に加えて、食事がつかえる、体重が減る、といった症状がある場合は、進行胃がんの可能性があります。これらの切迫した症状があれば、検診を待たずに医療機関を受診することをおすすめします。

胃がんの発生要因としては、主にヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染、喫煙があります。その他には、食塩・高塩分食品の摂取が、発生する危険性を高めることが報告されています。

胃がんの原因

胃がんの発生要因としては、主にヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染、喫煙があります。その他には、食塩・高塩分食品の摂取が、発生する危険性を高めることが報告されています。

胃内視鏡検査とピロリ菌の除菌治療

ピロリ陰性胃癌は、一般的には1%以下とされているため、現時点で最も有用な胃がんの予防方法は、ピロリ菌の除菌治療です。いくつかの研究を統合したメタ解析では、除菌治療により、初発がんを38-47%程度まで減少することができると報告されています。また、日本人を対象とした研究では、禁煙、節度のある飲酒、バランスのよい食事、適度な運動、適正な体形、感染予防が効果的ともされています。 胃がんの検診方法として「効果がある」とされているのは「問診」に加え、「胃部X線検査」または「胃内視鏡(胃カメラ)検査」のいずれかとされていますが、がんをより早期発見するには、胃内視鏡(胃カメラ)検査が優れています。 胃がんが存在する背景の胃粘膜は、前記したように、ほとんどがピロリ菌による萎縮性胃炎であり、この炎症の存在がときに発見を困難にしています。発見が困難ながんは、この胃炎に紛れた“胃炎類似型胃がん”と、5mm以下の微小胃がんです。

がん専門病院に在籍している院長が内視鏡検査を行います

院長が在籍している、がん研有明病院内視鏡診療部/健診センターは、日本で最も多く胃がんを診療しており、日々このような発見困難な胃がんを検知する訓練がなされ知見が集積されており、内視鏡検診の全国集計での胃癌の発見率は0.25~0.5%程度であるところ、がん研究会での新規の胃腫瘍の発見率は平均約3―5%と非常に高率となっています。このうち、院長は、内視鏡診療部在籍中に、胃腫瘍のあげ発見率が最も高率であったことから、部内にて顕彰された経験があります。

当院で行う治療

胃がんが発見された場合、周囲のリンパ節や他臓器への転移がないかを検索するために、腹部超音波検査やCT検査などが行われます。そして、転移している可能性があるか否かにより、治療方針が異なります。転移の可能性のない(あるいは1%未満の可能性である)病変においては、内視鏡的切除術(EMR、ESD)が行われます。 具体的には「2cm以下で潰瘍のない分化型粘膜内がん」を絶対適応病変として、他に「2cm以上で、潰瘍のない、分化型、粘膜内がん」、「3cm以下で、潰瘍のある、分化型、粘膜内がん」、「2cm以下で、潰瘍のない、未分化型、粘膜内がん」などの病変が適応拡大病変として内視鏡治療の対象となります。転移リスクのある症例もしくは転移が認められる例については、外科切除または化学療法が選択されます。また、胃がんの治療後に、ピロリ菌を除菌すると、その後の胃がん発生率が33-50%程度に抑制されることが示されています。しかし、除菌後もリスクは残存するため、定期的な内視鏡検査による厳重な監視が必要です。

最後に

バリウムによる胃がん検診では、早期胃がんの発見は困難であり、より早期発見を期すためには、内視鏡検査が必須です。また、安易に「楽だから」と経鼻内視鏡を奨めるのは必ずしも患者さんのためにはなっておらず、がん専門施設などで訓練を受け、NBI併用拡大内視鏡に精通した医師に胃内視鏡(胃カメラ)検査を受けるべきです。

十二指腸がん

十二指腸がんは、胃と小腸をつなぐ十二指腸にできるがんをいいます。十二指腸がんは、膵管・胆管の出口である「十二指腸乳頭部」にできる「乳頭部がん」と、それ以外の部位にできる「非乳頭部がん」に大別されます。ここでは、主に「非乳頭部腫瘍」について説明していきます。

原因

十二指腸がんの原因は、十分な疫学調査がなされておらず、正確な原因や危険因子はわかっていません。しかし、十二指腸がんは良性腫瘍である十二指腸腺腫からの進展例が多いこと、家族性大腸腺腫症の場合には、非常に高い確率で十二指腸腺腫/がんを合併することがわかっています。このうち、十二指腸腺腫からの発がんについて、院長は、世界ではじめて、十二指腸腫瘍の自然史を米国一流紙に論文報告しており、腺腫からがん化していく過程や、がん化の危険因子などについて詳細に報告しています。

症状

十二指腸腺腫や十二指腸がんは、他の癌と同様に、初期症状は全くありません。 そのため、自覚のないまま進行がんになり、出血による症状(貧血、黒色便)や、閉塞による症状(腹痛、嘔吐、体重減少、黄疸、腹部腫瘤)などが現れる場合があります。

治療

病変が小さく、がんが粘膜内にとどまるものでは、胃がんと同様に内視鏡治療(EMR、ESD)で治癒できる可能性がありますが、粘膜下層に深く浸潤している例や、周囲リンパ節に転移している可能性がある例、低分化型の組織型を示す例などでは外科切除あるいは化学療法が考慮されます。

内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約