医院名:自由が丘消化器・内視鏡クリニック 
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2丁目9−6 Luz自由が丘5階 
電話番号:03-6421-2852

医療情報

2020.07.31

FAP④(大腸内視鏡/大腸カメラ)

FAPについては、以下のリンクもご参照ください。

FAP①(大腸内視鏡/大腸カメラ)

FAPは常染色体優性遺伝で、発症した親から子に2分の1の確率で疾患が遺伝するため、家族歴が疑われる場合、血縁の方は内視鏡や遺伝子検査などが勧められます。ただし3割程度の方は家族歴がなく、いわゆる新生突然変異で発症されます。

本疾患では大腸がんのリスクが非常に高く、10代からポリープが発生し、40歳で50%程度の方、60歳までに90%程度の方が大腸がんを発症するとされています。そのため、予防的なポリープ切除(徹底切除)や、大腸全摘手術が必要となります。

以下は当院で経験された臨床的FAPの症例です。一部に非常に密生したポリープを認めました。

 

2020.07.27

FAP③(胃内視鏡/胃カメラ)

FAPでは、十二指腸の腺腫、腺癌の合併の他、

胃のポリポーシス、胃腺腫、胃癌を合併することがあります。

そのため、定期的に上部内視鏡検査で経過観察する必要があります。

以下はFAPの方の、胃のポリポーシスです。

胃病変は、原病指摘前に検診で発見されました。

2020.07.17

虚血性腸炎②(大腸内視鏡/大腸カメラ)

虚血性腸炎については、以下のURLもご参考ください。

虚血性腸炎①(大腸内視鏡/大腸カメラ)

虚血性腸炎の好発部位は下行結腸からS状結腸が全体の約2/3を占め、典型的には左下腹部痛(下腹部痛)を訴えるケースが多いのですが、ときに横行結腸に発生する場合があり、その場合には上腹部痛となり感染性腸炎との鑑別が難しくなります。

以下の症例は、横行結腸に発生した虚血性腸炎です。

上腹部痛と、粘血便を呈していましたが、症状はその後数日で改善しました。

 

2020.07.10

自己免疫性胃炎①(胃内視鏡/胃カメラ)

自己免疫性胃炎 autoimmune (metaplastic atrophic) gastritis; AIGは、A型胃炎とも呼ばれる胃炎で、自己免疫の機序で胃の壁細胞が障害され生じる胃炎です。健診内視鏡で約0.5%の方が本症と診断されるとの報告があります。

壁細胞が破壊されることで低酸症と内因子の産生低下が生じ、結果として萎縮性胃炎やビタミンB12吸収不良がおこります。

本症における萎縮性胃炎は、前庭部(胃の出口付近)にはおこらず、それ以外の体部にみられるという特徴があり、回腸末端でのビタミンB12の吸収不良は悪性貧血を引き起こします。また低酸症は二次的に鉄欠乏を引き起こしうるため、鉄欠乏性貧血を合併することもあります。

診断は内視鏡検査での特徴的な萎縮所見から本症を推定することからはじまりますが、血液検査で抗胃壁細胞抗体陽性、ガストリン高値などが確認され、胃粘膜の生検において内分泌細胞微小胞巣(endocrine cell micronest: ECM)が認められると、診断確度が高くなります。

自己免疫性胃炎では前記したように酸分泌が低下するため、酸分泌を促すホルモンであるガストリンが高値となり、その刺激が持続するためにECMが形成されるとされていますが、これは胃のカルチノイド(NET)や胃がんの発生にも関与するとされています。本症の約10%にNET type1が認められ、胃がんの発生率はピロリ菌による萎縮性胃炎の約4倍とも報告されていますので、定期的な経過観察が必要です。

以下は当院で経験された自己免疫性胃炎の一例です。

いわゆる逆萎縮所見を呈しており、抗胃壁細胞抗体陽性、ガストリン高値が確認されました。

 

 

 

2020.07.03

神経内分泌腫瘍(NET/NEC)④(大腸内視鏡/大腸カメラ)

直腸NEN(NET)については、以下のURLなども参考にされてください。

神経内分泌腫瘍(NET/NEC)①(大腸内視鏡/大腸カメラ)

直腸NENでのリンパ節転移の危険因子は、①腫瘍径10mm以上、②腫瘍表面性状(陥凹,潰瘍形成)、③病理検査での脈管侵襲陽性であり、リンパ節転移のない症例の予後は良好ですが、リンパ節転移・遠隔転移を有する場合には、同等の転移を呈する大腸癌症例とほぼ同じとの報告があります。そのため、腫瘍径10mm以上の直腸カルチノイドの症例は、リンパ節郭清を伴った腸管切除が必要となります。

以下の症例は、当院で経験されたφ15mm大の直腸NEN(G‐1)です。

一般的に手術が考慮される症例ですが、このような例でも自覚症状はなく、偶然に発見されることがほとんどです。

2020.06.27

肛門周囲膿瘍②(大腸内視鏡/大腸カメラ)

肛門周囲膿瘍につきましては、以下もご参考ください。

肛門周囲膿瘍①(大腸内視鏡/大腸カメラ)

以下の例も、無症状で発見された肛門周囲膿瘍の例です。1年前にはなかった膿瘍がたまたま発見されました。

膿瘍頂部からの排膿が視認されます。

<1年前>

 

<発見時>

2020.06.19

胃静脈瘤➀(胃内視鏡/胃カメラ)

胃静脈瘤は、胃の壁内にある静脈が異常に拡張した状態をいいます。

胃静脈瘤は肝硬変による門脈圧亢進症などにより、食道静脈瘤と合併して発生することが多いのですが、膵炎や膵がんなどによる脾静脈の狭窄や閉塞によっても発生することがあります。病態が進むと静脈瘤から出血する可能性があるため、原疾患の治療とともに経過観察や治療が必要となります。

以下は膵疾患により生じた胃静脈瘤の1例です。

2020.06.12

腸管子宮内膜症③(大腸内視鏡/大腸カメラ)

腸管子宮内膜症では必ずしも症状がでるとは限らず、偶然に発見される方がいます。

以下の例においても、腹部症状や子宮内膜症の既往はなく、偶然発見された例です。

2020.06.05

腸管子宮内膜症②(大腸内視鏡/大腸カメラ)

腸管子宮内膜症については、以下もご参照ください。

腸管子宮内膜症①(大腸内視鏡/大腸カメラ)

以下の症例も当院で経験された腸管子宮内膜症の一例です。

症状はありませんでしたが、粘膜下腫瘍様の隆起があり内腔がやや狭窄していました。

2020.05.29

アメーバ性腸炎①(大腸内視鏡/大腸カメラ)

アメーバ性腸炎は、原虫(寄生虫)であるEntamoeba histolyticaによる感染症です。

糞口感染をしますが、性行為感染症の一つでもあります。

多くの方において、病態は慢性的に経過し、下痢、粘血便、腹痛などが繰り返しあらわれますが、免疫力の低下した方などにおいては、劇症型の病態となり致死的となることもあります。

また一部の方では肝臓に膿瘍を形成することもありますが、必ずしも双方が合併するわけではありません

統計的に直腸と盲腸が好発部位で、周囲に紅暈を伴ったり、白苔を伴う汚く多発する(たこいぼ)びらん・潰瘍が本症に比較的特徴的な内視鏡所見です。

治療は抗菌薬であるメトロニダゾールの内服治療が基本となります。

以下は当院で経験されたアメーバ性腸炎です。病変は盲腸のみに認められ、生検でアメーバ自体が確認されました。

1 2 3 4 5 6 8
内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
内視鏡専用24時間WEB予約 初診受付専用24時間WEB予約
  • がん研有明病院
  • NTT東日本関東病院内視鏡部
  • 昭和大学病院
  • 虎の門病院
  • 松島病院大腸肛門病センター